機関誌「パンタグラフ」のご案内


最新号のご案内


No.72 2018秋号 <特集>京阪電気鉄道
Now On Sale


今回の特集は『京阪電気鉄道』です。
1910年の開業以来、大阪・京都・滋賀の都市間輸送を担っている京阪。戦前から運行されていた大阪-浜大津直結の「びわこ号」、テレビ放送の黎明期と時を同じくして登場した「テレビカー」、1ランク上のサービスを行う「プレミアムカー」など、私鉄激戦区である関西においてその個性を遺憾なく発揮しています。また、16m車両4両編成で併用軌道を走行する800系や17種類の台車を履いた2600系など、趣味的に見ても非常に興味深い鉄道会社です。そんな京阪の開業から現在までの軌跡を見るとともに、現在の動向をダイヤ、営業駅、車両に分けて解説しています。また、巻末付録として現役車両の台車の差異を紹介しています。

お値段は1600円となります。


■■■目次■■■
1章 ダイヤ
2章 京阪鉄道史
3章 京阪営業駅プロフィール
4章 現役車両の紹介
5章 付録:台車プロフィール


内容訂正のご案内

2018年10月20日 大阪大学鉄道研究会

印刷後、以下の内容の誤りがありましたので訂正し、お詫び申し上げいたします。お手数をかけ申し訳ありませんが、当該箇所の読み替えをよろしくお願いいたします。
 
訂正箇所一覧
・5ページ 第1章 表紙説明文
誤:発射時刻表
正:発車時刻表

・33ページ 森小路駅の説明の最後の文について
誤:この駅は大阪市内の京阪本線の駅で唯一できる地下鉄駅がない駅である.
正:この駅は大阪市内の京阪本線の駅で唯一乗換できる地下鉄駅がない駅である.

・38~40ページ 萱島~枚方市間の各駅の開業時期について
誤:1968年
正:1910年
 

お買い求め方法

● 書店での販売
『パンタグラフ』の最新号は、2018年10月現在、次の書店で販売しております。
・大阪府
・京都府
サン書房(西院)
マツモト模型(今出川)
・兵庫県
・東京都

● 学祭での販売
5月のいちょう祭、11月のまちかね祭にてバックナンバーも含め、パンタグラフの販売を行っています。 学祭特価で販売する号もありますのでぜひお越しください。

バックナンバーのご案内



ホームに戻る